ドイツ旅行記
2016.11.19 日目6/10

動画(4:26)を作りました←クリック(ダウンロードに少し時間がかかります。m(__)m>
ファイルを開くを選んで下さい。

 7:30出発ポツダム観光へ(297km) 世界遺産サンスーシー宮殿ベルリン(38km)ベルリンの壁ウォーキングブランデンブルク門
世界遺産ペルガモン博物館→夕食後ホテル着19:30

  

 
宮殿の庭園の西に建つ風車小屋、
サン・スーシ宮殿完成後
フリードリヒ2世が取り壊しを命じたが、
農夫から生活を奪わないでほしいと訴えられ、
王はこの風車小屋をそのまま残したそうです。

 


 


世界遺産サンスーシー宮殿
1990年に、宮殿の建物および庭園は「ポツダムとベルリンの宮殿群と公園群」の1つとしてユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録

プロイセン国王のフリードリヒ2世が1745〜47年に建てたロココ様式の宮殿です。
当初は夏の離宮として建てられたものの結果的にはここが居城となりました。
フリードリヒ2世の好みを反映した平屋建てのこじんまりとした建物
音楽室だけは不釣合いなほど豪華に造られているんだそうです。
サンスーシとはフランス語で「憂いなし」

  フリードリヒ2世は、ドイツにジャガイモ栽培を広めたことでも知られています。
   




サン・スーシ宮殿から眺める広大な庭園






ランチ後は、ベルリンの壁ウォーキングです。

 


サン・スーシ宮殿 で、日本から高校の修学旅行で
きていました。話しかけると、大阪からでした。
今は、高校の修学旅行は、ヨーロッパは、
珍しくないんですね
ドイツの戦争の歴史も勉強し、
そして楽しい思い出を・・・(*^▽^*)

 ブランデンブルク門
1788年〜91年にプロイセン王国の凱旋門として建立。
門の上の勝利の女神と4頭の立ての馬車はプロイセンを破ったナポレオンが1806年にパリへ
持っていってしまいましたが、1814年にベルリンに戻ってきました。


ベルリンの壁は、二重になっていました。


 

ここで一番人気、この絵有名ですね。
旧ソ連のブレジネフと旧東ドイツのホーネッカー。

 
1961年から1989年まで壁がありました。

壁記念碑
 ベルリンの壁があった当時の姿をそのまま保存した
唯一の場所が、このベルナウアー通りの壁記念碑。
地上4階地下一階のこの建物、
中には当時を伝える貴重な資料があり、無料です。
トイレ休憩で見学させてもらいました。

私達が歩いたのは、ーストサイドギャラリーの壁で、
壁が当時のまま残されていて、落書きされていました。

ドイツと同じく敗戦国である日本が壁で二分されていたらと
考えるとぞっとします。

ここでのベルリンの壁ウォーキングは、人が多いので、
スリに気を付けるように、背中のリュックは、前に
バックは、コートの下にと、注意を受け、緊張感がありました。
私は、冬の外国では、いつも、コートの下に
ショルダーバック、です。



    

 
 
世界遺産ペルガモン博物館
ドイツが中東の遺跡から持ち帰った遺跡が丸ごとここに展示されています。)

ペルガモンとは現トルコのベルガマのこと。紀元前2世紀から1世紀にかけて栄え、その遺跡は現在もベルガマに残る。
19世紀後半にドイツ人がこの遺跡を発見し、その中の一つ、この祭壇をベルリンに持ち帰った。(ネットより)

現在三分の二が工事中。
フラシュを使わなければ写真撮影OK

初めての自由行動
ここでは、オプションを申込み、2人だけで、成立しなかったという、親子2人と偶然一緒になり、行動を共にしました。
工事中で、入場券を買う所や、買い方などがわかりにくく、又、言葉が通じず、バタバタしました。チケット購入後は、30分位待ち、
無事、見学できました。又、時間が足りず テレビ塔などには、行けませんでした。

 




イシュタル門
古代バビロニアで紀元前560年頃に建設されたもので、
青い彩釉煉瓦で覆われた壁面に聖動物を飾っており、
高さ14.7m、幅15.8m

訪れた時は見るからに大規模な工事中で博物館の目玉
「ゼウスの祭壇」は2019年まで修復のため閉鎖中

 






 




 
     

   

    

ペルガモン博物館では、エレベーターがなく、

高齢の方がいるので、エレベーターを使いたい‥と、
言葉が通じないながら、ほとんど日本語で
何回か、尋ねると、わかってくれたようで、
隠れた所にあったエレベーターを開けて乗せてくれました。
「私達も一緒に乗れ、楽でした。‥言葉が通じると、
なんか嬉しい〜実感。」
 

外に出ると、暗くなっていました。
ツアーの他の人達は、添乗員さんにスーパーに
連れて行ってもらったそうです。
(スーパーもいいな〜と、迷いましたが、やはり、
ペルガモン博物館を見学して、良かった!)
集合場所には、ツアーの人達が
集まってきていました。

今まで、みんな、時間厳守です。素晴らしい!




夕食のレストラン
おしゃれなレストランが多かったです。









 


夕食のレストラン











帰国の72時間前から日航のwebチェックインができるので、
ホテルに着いてから、添乗員さんに手伝ってもらい
ロビーでみんな一斉に
ホテルの無料Wi-Fiを使い席の予約をしました。

行きは、やはりwebチェックインで、席の予約を済ませ、
便利だったので、帰りも個人で予約を
するつもりでしたが、帰りは、みんな、スマホや、
モバイルPCを取り出し、添乗員さんが、手伝って
くれました。
ホテルは、全部無料Wi-Fiが使え、助かりました。


ドイツ旅行記


2016.11.20 7日目7/10へ続く